【第6回Y&Sグローバルセミナーの開催決定!!】

今回も素敵な講師の方をお招きすることができましました

『楽天執行役員・グローバル人事部長の野田公一をお招きして』

『第6回Y&Sグローバルセミナー開催報告』

本日は楽天執行役員の野田公一氏をお招きしての第6回Y&Sグローバルセミナーを無事開催終了することが出来ました。

まさに現場で楽天の英語化・グローバル化進めている野田様の大変貴重なお話を伺うことができました。また逆境も意志でプラスの思考・行動に変える姿勢、常に謙虚に学び続ける姿勢からグローバルで活躍し続けるための大切な力について大いに学びを得ました。

今回はご参加頂いた方々も皆さんがスピーカーとなっていただけるような魅力的な方ばかり!!ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!!心より御礼申し上げます。

Y&Sグローバルセミナーへの温かいご支援誠にありがとうございました!!


ご協賛:EnglishCentral様、桐原書店様、マクミランランゲージハウス社様、Tokyo Inter High School様
  
講演会11月29日(土)11:30~12:30 明治大学紫紺館
懇親会11月29日(土)12:45~2:00 同ビル椿山荘レストラン
紫紺館住所:東京都神田小川町3丁目22−14
  

以下は参加してくれた大学生が寄せてくれたレポートです。


1129日(土)、明治大学紫紺館にて、第6Y&Sグローバルセミナーが開催され、その講演会および懇親会に参加させていただきました。 今回、楽天株式会社にて、執行役員兼グローバル人事部長としてご活躍されている、野田公一氏より、貴重なお話をご共有いただきました。


前半では、「楽天の”Englishnization”(英語化)の軌跡」について、そして、後半では、「野口氏ご自身のご経験」について、お話いただきました。その中で、特に印象に残っているお話が2つあります。1つは、2010年に社内公用語を英語にされて以来、楽天がどのような戦略に基づいて、英語化を進めておられるのかというお話です。具体的に、「Englishnization 1.0」「Englishnization 2.0」「Englishnization 3.0」と段階的な目標を設定し、それらを1つずつクリアーしていくことで、最終到達地点を目指すというストラテジーをご教示いただきました。このお話をお聞きし、自己の英語学習方法が誤っていたことに気づかせていただいたこと、そしてこれからグローバル人材を目指す中で、まず今何をすべきなのかが明確になったことは、大変有り難い気付きでした。もう1つ印象に残っているお話は、野田氏の新入社員時代のお話です。当初希望していた部署とは異なるところに配属された中、落胆しつづけるのではなく、ご自身のなかで切り替え、

 「この業務担当者のトップを目指す」という目標に向け、誰にも負けない努力を実行してこられたそうです。 「面白い仕事を探すのではなく、どんな仕事であれ、自分でそれを面白くさせていくとますます人生が楽しくなってくる。」という野田氏のお言葉から、これから社会へ出て行く我々学生にとって、非常に大切な考え方を学ばせていただきました。


講演会後におこなわれた懇親会も、大変盛り上がっておりました。テーブルを行き来しながら、多くの人生の先輩より、仕事や英語学習にまつわることをお教えいただき、とても勉強になりました。最後に、グローバル化に向けての重要なポイントをご教示いただいた野田氏、出会いと学びの機会を作っていただいた主催者の方々に、改めて、心より感謝申し上げます。有難うございました。